スポンサードリンク

2011年05月29日

オルフェーブル 2冠達成 ダービー

オルフェーブルのダービー制覇、強かったですね。
池添謙一騎手にとっても初のダービー。
あっさり勝ったように見えますが、不安や重圧は相当あったでしょうね。
馬場とか馬体重とか展開などなど。

皐月賞を勝って1番人気ではありましたが、割れた人気を見ても分かるように
現時点では抜けた存在ではなかったんですよね。
それにしても強い勝ち方でした。

ウインバリアシオンもいい脚使ってきましたが
オルフェーブルが最後まで伸び続けましたね。

3冠への期待というより強い馬が出てきたことに対する喜びが大きいなぁ。
父は既に超えたかも?
ステイゴールド 旅路の果てに(DVD)
母父以上に活躍できるといいですね。
posted by 競馬大好き at 16:34| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

オークス 優勝はエリンコート

エリンコートが勝つとは・・・競馬って分からんですね、本当に。
2400という距離、突然の雨、逃げ馬不在など色々な要素があったでしょうけど
マルセリーナに が4、3着。圧倒的な2強って感じの人気でしたけどねぇ。
こりゃあレーヴディソールがいてもどうだったかな、って感じ。

父デュランダルもそうですが、母エリンバード
って私には短距離血統にしか見えないのですが
見事な勝利。

まあ血だけで走ってるわけじゃないしね。
血統だけならグルヴェイグが1番なんでしょうけど、雨でどうこうで全然ダメでしたね。
/エアグルーヴ 意地と誇りの女王

そういえば2着のピュアブリーゼ。
この馬とエリンコートのワンツーは2戦前の500万下と同じらしいですね。
そんなこともあるんだ。


審議があって素直に喜べない面もあるかもしれないですが
後藤浩輝騎手初クラシック制覇おめでとうございます。
posted by 競馬大好き at 17:46| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

シーザスターズ×ウオッカの牡

シーザスターズという近年の欧州最強馬とウオッカの初仔が生れたそうですね。
両親のGT勝利数は合計13。
本当、夢のある配合です。

なんだかシンボリルドルフ×メジロラモーヌの10冠ベイビー、メジロリベーラみたいに
ならないといいですけどね・・・

岡部幸雄 引退記念DVD(DVD)

エリシオとかラムタラとか、欧州の強豪がガッカリな繁殖成績を残したの見てきたので
期待していいものか。

リベーラは牝馬だったから血を残し、意外と強い子産めましたがこの子は牡馬。
後でがっかりするのが嫌なのでほどほどの期待にしておいた方がいいのかも。
posted by 競馬大好き at 18:26| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

サクラバクシンオー亡くなる

サクラバクシンオーも亡くなってしまいましたね・・・
代表産駒ショウナンカンプがいるだけ種牡馬としても成功したと言えるかもしれません。
馬ぬいぐるみS ショウナンカンプ 第32回高松宮記念

現役時代は短距離、特に1400では負ける気がしなかった。
メジロもそうだけどサクラも懐かしい冠名だ・・・。
好きだった馬が亡くなっていくと切ないものがありますね。
posted by 競馬大好き at 23:06| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒルノダムールが天皇賞・春 やはり4歳

天皇賞・春はヒルノダムールが勝ちましたね。
藤田騎手はずっと力を信じていたそうですが7番人気。

トゥザグローリー、ローズキングダム辺りは折り合い欠いて惨敗でした。
やはり競馬は分からないよなぁ・・・

しかし2着に入ったエイシンフラッシュといい、ヒルノダムールといい
4歳馬が強かったのは事実。
やたらと最強世代と言っていたのもまあ頷ける結果かな。

父親の方がステイヤーっぽかったなぁ・・・っていうのはどうでもいい話か。
ホースライターケース マンハッタンカフェ

宝塚でも強さを見せられるのか、楽しみですね。
posted by 競馬大好き at 15:28| 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
超レア物スニーカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。